バイナリーオプションで稼ぐ週末

初心者に解りやすく入り込むと奥が深い

fdsf8 オンライン投資にもいろいろありますが、FXなどはちょっとややこしいです。為替取引なので、例えば日本円でドルを買う場合、両方の値動きを計算しなければいけません。当たったときは大きいのですが、大きく損も出ます。

例えば円でドルを買うとします。1ドル100円が、1ドル90円になったとしましょう。これを円高といいます。1ドル買うのに100円かかっていたのが、、90円で買えることになり、10円得をするのです。実際の運用ではもっと数字が込み入っている上に金額が大きく、上の例が1ドル110円になっただけで、大きな損失が出ます。

昨今有名になってきているhttp://www.ハイロー.net/のような バイナリーオプションというのは、上の例で言いますと「今1ドル100円です、5分後に円高でしょうか、円安でしょうか?」の判断をすればいいだけです。極端な話、あまり状況が飲み込めてなくても、ハイ&ロー(と、バイナリーオプションでは表現します)のどちらかを決めればいいだけなのです。ルーレットと同じですね。赤か黒に千円かけます、というのと理屈は全く同じです。

この場合、千円は没収される可能性はありますが、それ以上の損はありません。ここがFXと大きく違う点です。ちなみに外れた場合は没収ですが、当たった場合はペイアウト率というのが業者で決められており、平均すると1.9倍程度になります。つまり当たれば大体1900円くらいになります。

実際の運用もかなり数十円と小額から始められます。また最短時間が2時間と短期決戦なのも特徴です。バイナリーオプションの方法は上に書いたように2択が 基本ですが、いろいろ応用形があります。まず、決められた時間に特定の金額に達するかどうかのワンタッチ、上の例で行きますと1ドル90円になるか、ならないかの予測です。また決められた時間に、どういう幅の値動きをするのかのレンジ、1ドル90円~110円の幅になるのかならないのか、ですね。

また取引銘柄は通貨だけではありません。石油の値段など対象はいろいろ、取引対象は海外業者の方が豊富に持っているようです。奥が深いのは、これだけシンプルな仕組みなんですが、値動きを研究すると、取引銘柄やバイナリーオプションの方法をうまく組み合わせ、勝ちに行く作戦を練られる点です。

初心者に解りやすく、また入り込むと奥が深いのが最大の魅力でしょう。しかもそこに損失金額の計算がいらない点が大きいです。カードで入金できる業者が殆ど、またスマホにも対応と操作のハードルも簡単になっています。しかし実際の運用はやってみないと、感覚では理解しづらいですよね。殆どの業者にデモがあるので、まず試してみると良いです。

スキャルピング

投資を行うと、時間軸という概念が大きく関わってきます。投資を行うにしても、様々なやり方はあるのです。その1つとして、スキャルピングというやり方もあります。時間軸がかなり短いタイプになります。

例えばある時に、ドルを購入したとします。それで購入したドルをずっと保有し続けるか、それとも早めに売却するかという選択肢が浮上する事もあるのです。後者が、スキャルピングに該当します。
たいていの方々は、ドルを購入してからしばらくの間は様子を見ています。とりあえず1ヶ月ほどドルの動きを観察してみて、果たして売却するかどうかの判断を行っているケースが目立つのです。

しかし1ヶ月でないパターンもあります。1ヶ月どころか、当日中に判断するパターンもあるのです。ドルを購入してから1日だけ様子を見てみて、売却するかどうかを判断するパターンもあります。
中にはドルを購入したその日の内には、「必ず」売却をしなければならないというルールを採用している方々も見られるのです。たとえ損失が発生していても、売却をする事になります。それはデイトレなどと表現される事が多いです。

ところがスキャルピングは、1日どころかもっと短い時間軸で判断をする事になります。保有してから10分も経過していない内に、売却するかどうかを決定するというルールもあるのです。10分どころか、中には数秒という方々も見られます。設定するルールは、人それぞれ異なる訳です。
一般的にデイトレよりも短い時間で判断をするパターンは、全てスキャルピングという条件される傾向があります。ですから保有してから数時間程度で判断する時でも、たとえ数秒以内の判断でも、両方ともスキャルピングに該当する訳です。

このように様々な時間軸が存在する訳ですが、一般的にスキャルピングは、リスクは多少低めに抑えられるという意見も目立ちます。1ヶ月ほど待っていると、ドルが5円ほど下落する事はよくあるのです。ですがわずか数十秒ほどで5円も下落するかと言われれば、そういうケースは極めて稀です。というより、むしろ皆無と考えて良いでしょう。
下落幅が小さくなると、その分ドルを抱えている時のリスクも軽減できる傾向があります。そのリスクの小ささが、スキャルピングの主たるメリットという意見が多いです。

ただしスキャルピングで売買をするにしても、やはりリスクは存在します。リスク対策が重要である事は、他の時間軸とほぼ同じです。

損をしないこと


株式取引で大切なことは星の数ほどあると思います。その中で、一番大切なことは「損をしないこと」だと、どこかの著名な投資家が言っていたのを私は聞いたことがあります。

しかし、損をせずに常に儲かってばかりの取引ができればいいのですが、そんなに自分の株式取引がうまくいくとは限りません。ですから、自分の思惑とは反対の方向に株価が動いたときにどのような行動を取れるかが、個人投資家としての真価が問われるところだと私は思います。