バイナリーオプションで稼ぐ週末

FXでの「スキャルピングトレード」の注意点

 FXの投資スタイルには、長期トレードから短期トレードまで実に様々なスタイルが存在していますが、一つに「スキャルピングトレード」があります。
このスキャルピングトレードという投資スタイルは、「薄皮を薄く削いでいくようにして」利益を積んでいくことからそう呼ばれるように、数分から十数分、短いときには十数秒単位という、極めて短期間の投資売買を繰り返して行い、少額の利益をたくさん積み上げていくという手法になります。

スキャルピングトレードの最大の利点の一つは、通貨保持のリスクの低さがあるでしょう。
FX取引では、新規の売買注文で通貨を保持し、レート変動でそれに評価差益が出るのを待ち、決済注文をして保持した通貨を解消して利益や損失を求めて行きますが、通貨を保持している時間が長ければ長いほど、レート変動のリスクにさらされやすくなります。

これに対し、スキャルピングトレードでは、その通貨の保持時間を極力短くし、生じた利益をすぐに取り込むことで、このリスクを回避しているのです。

そうした反面、デメリットも多くあり、まずそのほとんどが、変動をし続ける為替レートを目の前にし自らがその売買を行っていく「裁量トレード」に頼らざるを得なく、自動売買プログラムもある事にはありますが、やはり変動していく為替レートに対してのデリケートな投資が必要であるために、裁量トレードに勝るものは無いと思われます。
しかしこれが結果的に、投資家の時間をたくさん奪う形になり、また、一回ごとの取引きの利益が小さいために、判断を誤って大きな損失を被ってしまうと、それだけで一日の利益が相殺されてしまう事もあり、その他では、取引業者に支払う手数料などに対するコストの配慮なども必要になってくるのです。

また、外国為替事情の状況なども把握しておく必要があります。大きな経済的な発表の前後などは、為替相場が乱高下し世界中の投資家の注文も殺到するために、「スリッページ」という、発注した注文がなかなか確定できなくなる状況になる場合があります。

こうした事を回避するために、注文の殺到しそうな状況での取り引きを避けたり、注文を確定する「約定力」が強い取引業者を利用するのが良いでしょう。

FXの投資スタイルにはいろいろなものがありますので、それぞれのメリット、デメリットを考察し、その時の状況や自らのライフスタイルなどに合わせて選択をしていくのがいいでしょう。

損をしないこと


株式取引で大切なことは星の数ほどあると思います。その中で、一番大切なことは「損をしないこと」だと、どこかの著名な投資家が言っていたのを私は聞いたことがあります。

しかし、損をせずに常に儲かってばかりの取引ができればいいのですが、そんなに自分の株式取引がうまくいくとは限りません。ですから、自分の思惑とは反対の方向に株価が動いたときにどのような行動を取れるかが、個人投資家としての真価が問われるところだと私は思います。