バイナリーオプションで稼ぐ週末

「ファンダメンタル分析」というもの

 FXやバイナリーオプションは、近年に大変な人気を集めている金融商品ですが、このどちらも相場のレート変動を利用した投資取引だという事をと御存知でしたでしょうか?

FXでは、それぞれの国と地域から発行されている通貨を、バイナリーオプションは、多くの取引業者では通貨を銘柄にしていますが、通貨の他にも有名企業株や株価指数、金、鉱物、農作物などの様々な相場を銘柄にすることができるのです。

このバイナリーオプションの銘柄の中に原油も扱われています。
私たちの生活と密接な関係があるガソリンや灯油などですが、このガソリンや灯油も原油を精製して作られています。
ガソリンや灯油の価格の話題は、よく一般ニュースでも流れますが、実はこうした情報も、バイナリーオプションで原油を銘柄にして投資取引を行っていた場合などには、大変に貴重な情報になるのです。

例えばガソリンが値上がりした、というニュースがあるとしましょう。ガソリンが値上がりをする要因には大きく二つのものがあり、一つはガソリンにかかる税金と、原油価格の変動になります。
現在ではガソリンには、ガソリン税、石油税、消費税の3種類の税金がかけられています。これらはガソリンの値段4割強を占めており、これらの税率が変更されることにより価格も変動します。
また、原油価格はこれらを多く産出している中東諸国の地域治安などの影響や、インドや中国などの新興国の経済の発展に伴う原油消費量の圧倒的上昇などにより大きく変動するのです。

このように、我々の生活に欠かせないガソリンやと灯油の価格はこういった事情により時に高騰したり、下落したりを繰り返しており、そうした事を日々のニュースで取り上げているということがわかると思います。

つまり、目の前で起きて変動するのです物の価値とは、実はこのように世界全体の動きや事象、都合、思惑などによって変化しています。

こうした事を読み取り分析していきながら、相場全体の包括的な動向を捉えていくものを「ファンダメンタル分析」と呼んでいます。

もちろんFXやバイナリーオプションで取り扱っている通貨も、外国為替市場の為替相場のレートの変動で起こっていることですので、こうした世界中の動きの総括した結果として、上昇や下降を繰り返しています。
こうしたものを分析して理解していくためには、通貨を発行している国や地域の経済状況や政治の動向を、近隣諸国との関係性、地域紛争、テロ、大きな自然災害、それらを受けて相場を読んでる世界中の投資家の動向などを鑑みていく必要があるのです。

損をしないこと


株式取引で大切なことは星の数ほどあると思います。その中で、一番大切なことは「損をしないこと」だと、どこかの著名な投資家が言っていたのを私は聞いたことがあります。

しかし、損をせずに常に儲かってばかりの取引ができればいいのですが、そんなに自分の株式取引がうまくいくとは限りません。ですから、自分の思惑とは反対の方向に株価が動いたときにどのような行動を取れるかが、個人投資家としての真価が問われるところだと私は思います。