バイナリーオプションで稼ぐ週末

バイナリーオプションの基本的なルール

fdsf89fd 現在、大人気のバイナリーオプションですが、いったいどういうルールなのでしょうか。簡単にいうと、一定時間後に対象銘柄が今よりも上がるか下がるかを予想するというものです。早ければ数分後の値段を予想するものから、数時間後を予想するものもありますが、長くても1日以内には1回の取引が終わります。

上がるか、下がるかを予想するだけというシンプルなルールですから、初心者にも参加しやすく人気があるわけです。適当に賭けても半分ぐらいの確率で当たるように思えますが、バイナリーオプション 初心者にはなかなかそう簡単ではない奥深さも秘めています。

■バイナリーオプションの利益と損失

バイナリーオプションにもいろいろなものがありますが、基本的には賭けた金額と同額が戻ってくるというのが基本です。わかりやすく説明するために10分後に円安になる方に10,000円賭けてみるとしましょう。円安になると予想して、その通り円安になった場合には、賭けた10,000円に加え同額の10,000円が戻ってきて、合計で20,000円戻ってきます。

もし円高になってしまった場合、予想が外れてしまうわけですから10,000円を失ってしまいます。バイナリーオプションでは賭けた金額以上を失うことはありません。これもバイナリーオプションの魅力のひとつとなっています。

FXや株の信用取引などでは、自分が持っている以上の金額を取引することもでき莫大な利益を上げられる可能性もありますが、逆に莫大な損失になってしまうリスクも秘めています。それに対してバイナリー88が有名なバイナリーオプションは最大でも賭けた金額以上は失いませんので、リスク管理がしやすいというメリットがあります。

■バイナリーオプションの勝率

バイナリーオプションはとくにFXとBO投資初心者講座で多くのユーザーが利用している、上がるか、下がるかの二択なので、勝率は50%のように思えます。だいたいはその通りなのですが、正確にはもう少しだけ勝率が低いというのが正しいです。

なぜならあまりにも金額が変動してしまった場合には、その取引は全参加者が負けとなってしまうというルールがあります。取引ごとにレンジ(範囲)が決まっていて、それを超えてしまった場合をレンジアウトと呼んでいます。上昇の上限が50円だった場合、もし上昇する方に賭けていても、60円上昇してしまえば勝ちにはならないのです。

もちろん下限にもレンジ(範囲)が定められていて、大きく下がった場合にも同じようにレンジアウトが適用される場合があります。だいたいの場合、8%ぐらいがレンジアウトとなっているようですので、バイナリーオプションは4%ぐらいの確率となっています。

損をしないこと


株式取引で大切なことは星の数ほどあると思います。その中で、一番大切なことは「損をしないこと」だと、どこかの著名な投資家が言っていたのを私は聞いたことがあります。

しかし、損をせずに常に儲かってばかりの取引ができればいいのですが、そんなに自分の株式取引がうまくいくとは限りません。ですから、自分の思惑とは反対の方向に株価が動いたときにどのような行動を取れるかが、個人投資家としての真価が問われるところだと私は思います。