バイナリーオプションで稼ぐ週末

バイナリーオプションの規制をめぐって

fdsf87 ■市場リスクの算出法に関して

FX業者が取り扱う金融デリバティブ商品においては、原資産の価値変動をヘッジすることが求められるのはいうまでもない。それも可能性だけでなく、現実的に機能するものである必要がある。そして、たとえばブラック・ショールズモデルにおけるデルタヘッジによってポートフォリオの金融リスクを管理するなどの方法によって、運用が進められるようになっていなければならない。

バイナリーオプションの公的規制に関連して注目されるのは、規制を機に各FX業者のプレミアムの算出についてより多くの情報が市場に出回る可能性が否定できないということである。ブラック・ショールズモデルによるデルタヘッジなのか、あるいは内部モデル方式を採用しているのかなど、投資家にとって戦略上重要な情報が出てくるかもしれない。

■権利行使のルールに関する問題

通常は、FX業者が定めたルールによって権利行使の判断に用いるレートが定まっていることが多い。ただしこの場合、その判断が客観的見地からみて妥当であるかどうかという問題を伴う。その一方で、インターバンク市場のように一定額以上で約定したレートだけを実際のレートとして認定するなど、独自のルールが成立しているケースもある。リテールFXの分野が発達してきている現在、このようなルールをもっと整備していく必要が生じていると考えられる。

■オプション価格の決定要因

いわゆるアメリカンとヨーロピアンのいずれのモデルを考えるにしても、ブラック・ショールズモデルのアプローチでは時間的価値と内在的(本質的)価値とが問題にされる。満期日が近づくにつれて減少していくのが時間的価値であり、原資産と権利行使価格との間の乖離によって表されるのが内在的(本質的)価値である。そして、これら二つの価値に加えて、市場参加者のインプライド・ボラティリティと金利とによってオプションの価格が決まるのが一般的である。ただしインターバンクにおいては、このインプライド・ボラティリティを直接取引するというスタイルになることが多い。

■金融商品と賭博性との関係

バイナリーオプション 比較の際、その規制にあたっては、その賭博性の規制ということに言及されることが多い。しかし、ある金融商品が実際に魅力的な取引の対象となるかどうかという点と、賭博性が高いかどうかということとは別々のことだと心得ておく必要がある。
観察期間の長い、プレミアムが高額になるような金融商品を考えてみよう。この場合時間の経過にしたがってモメンタムの値が動きにくくなっていくはずだから、いったん権利行使価格から離れてしまった金融商品のプレミアムはペイアウトとの差額がほとんどなくなってしまう。これでは金融商品としての意味を持たない。そう考えてみると、たとえばトレードラッシュで用意されているワンタッチオプションなどで、取引期間が2時間以上という制約があるために内在的(本質的)価値が担保される確率が高まる金融商品のほうが魅力的であるということになる。つまり、単純な観点から賭博性云々を論じてみてもはじまらないということだ。

■ 金融業者と時間的価値

金融業者の側から見た場合、リスクヘッジにあたって確実に頼れるのは時間的価値を反映したセータ値だけであると言っていいのではないか。その他のリスク管理の手法の存在を指摘する声もあるが、いずれも確実性・安定性という点において問題が残ることは言うまでもない。

■ 取引期間規制の持つ意味

取引期間の規制によって、バイナリーオプションの持つ過度の賭博的要素が排除されると一般には信じられているようだが、そのような考え方には根拠がないことをここまで見てきた。規制以前に許されていたようなきわめて短期の取引期間のオプションであっても、射幸心をあおるような賭博性の高いものになりえないケースもあることは以上に示した通りである。ビッドアスク・スプレッドの幅について顧慮しないのならば、取引期間だけを規制してみてもそもそも意味はない。

損をしないこと


株式取引で大切なことは星の数ほどあると思います。その中で、一番大切なことは「損をしないこと」だと、どこかの著名な投資家が言っていたのを私は聞いたことがあります。

しかし、損をせずに常に儲かってばかりの取引ができればいいのですが、そんなに自分の株式取引がうまくいくとは限りません。ですから、自分の思惑とは反対の方向に株価が動いたときにどのような行動を取れるかが、個人投資家としての真価が問われるところだと私は思います。